ホーム > 会社概要 > 会社紹介   
会社紹介

東忠グループ(Totyu)は創立者の丁偉儒氏が創立、快適な社会環境の構築に注力し、世界一流のITグローバル企業を究極の目標としてのIT産業グループである。

高効率、低コスト、高品質のIT開発サービスモデル

1996年2月日本にて株式会社東忠創立以来、東忠グループ(Totyu)は所有する国際マーケティング、情報を活用し、効率的な経営管理と高度な原価管理モードで優秀のマーケティング推進及び支援体制を構築してまいりました。先進国の大規模ソフトウェア開発技法及び品質管理経験を吸収して統合した上で、中国の上海、杭州、済南など急速な経済発展地区に、中国国内ハイテクソフト開発輸出企業の有利な立場を結合し、中国企業の優秀な技術人材や革新の精神、そして中国国内をリードする東忠グループ(Totyu)特有の品質保証基準を確立し、高品質の開発能力を持つ大規模開発基地を設立し、効率的、低コスト、高品質のIT開発サービスモデルを実現しました。

様々な業務分野でグローバル協業

近年、東忠グループ(Totyu)は、国際大手企業との協業を加速推進し、グループ内の東忠テクノロジーパークで、複数の世界一流のIT大手企業と合弁会社を設立して運営しております。業務分野も金融、物流、百貨業、公共事業、車製造、組み込み開発など多数の業務形態に広がり、面積5万平方メートル、5000名以上の開発人員を収容できる東忠テクノロジーパークは、杭州市最初のアウトソーシングサービスモデルパークになりました。

確実の高品質人材保証

設立以来、年平均30%以上の成長率を維持している東忠グループ(Totyu)は、継続的、迅速で安定した発展とともに、周辺地域の経済発展も自任として、2005年大規模な人材育成基地を設立し、東中国地区に2000名以上の各種スキル、実用かつグローバル的な国際ソフトウェア開発人材を育成しました。東忠グループ(Totyu)自身の発展において確実に高品質な人材を保証した上で、東中国地区のソフトウェアアウトソーシング産業にも多大な貢献をしております。

世界向けの国際化推進

高速発展段階に入った東忠グループ(Totyu)は、明確な経営目標及び経営理念に基づき、段階的、計画的に事業計画を展開、長年の先端技術及び業務ノウハウの蓄積により、中国国内マーケティングそして欧米ITサービス領域にも進出、世界に向けたグローバルIT企業を目指しております。